第20回KAWASAKIしんゆり映画祭2014 開催!

開催期間 : 2014年10月25日~11月3日
会場 : ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘 / 川崎市アートセンター
テーマ : 映画、あらたなはじまりの時。
料金 : 前売り1000円 当日1200円
   ※ 一部プログラム特別料金 ※ 高校生以下、シニア、障がい者と介助者割引あり

企画・運営の中心を市民スタッフが担い「市民が作る映画のお祭り」として定着してきたKAWASAKIしんゆり映画祭は、おかげさまで記念すべき第20回目を迎えます。
すべてのお客様へ、感謝の気持ちを込めて開催する今年のテーマは「映画、あらたなはじまりの時。」日本を含めたアジア映画の新たな潮流にスポットを当て、アジアの多様性を感じさせる作品を中心に選定しました。映画はどんどんおもしろくなる。これからの映画祭にご期待ください。

今年の特集は『いまこそ、台湾映画!』。美男美女揃いの台湾映画界。名称の傑作から最新作まで、芸術性と娯楽性をあわせもった秀作を5本立てでご紹介します。

当映画祭代表をつとめる白鳥あかねが、第37回日本アカデミー賞協会特別賞を受賞。そこで恒例のコーナーを「スクリプター・白鳥あかねの映画人生50年⁺SPECIAL」と拡大し、長年多くの映画制作に携わってきた本人が珠玉の3本をセレクト。『野良猫ロック 暴走集団’71』には、俳優藤竜也さんをゲストにお招きしてトークを行います!

その他、今年で15回目を迎える「ジュニア映画制作ワークショップ」作品発表会を開催。また今年はそのワークショップ開催15年の間に全国に広まった各地の活動を紹介・交流する『<子どもと映画制作>シンポジウム』も開催!ゲストに小学生や高校生も迎えます。

「副音声ガイド付き上映」(『私の男』)、保育付き上映(『8月の家族たち』)など、より多くのお客様に劇場で映画を楽しんでいただけるような取り組みも引続き実施します。
詳細については、映画祭ホームページをご参照ください。